光で雰囲気作り

■輸入カーテン■

 フジワラのカーテンは多くのメーカー製品を取り扱っておりますが、今回は、中でも輸入カーテンに着目します。
「輸入もの」と聞くと"値段が高い"という印象が強く、それだけで敬遠される方が多いです。

 

しかし、先日弊社で開催された勉強会でメーカーの方に説明してもらい、製品に関して学ぶと魅力が沢山詰まっていたので、皆さんにご紹介しようと思います。
FEDE RICCOというカタログの商品について、 デザイン・糸・アクセサリーの項目に分けてご紹介していきます。

 

 

○デザイン

デザイナーの思いがつまったものをいくつか紹介します。

 

 

 

 

波形模様は"永遠"を意味するそうです。

 

 

 

 

 

 

イスラム系の柄であるサラセン模様をドレープとレースに施しコーディネート。 柄に柄を重ねることで幸せが密に重なるようにという願いが込められています。

 

 

○糸

輸入もののカーテンと市販のカーテンで最も差が生じるのは、手触りです。実際に触れると質感の良さがはっきり分かります。糸には、太さの異なるもの、強度のあるもの、刺繍糸など数多くあります。それらの組み合わせによって様々な風合いのカーテンを作り出しています。

 

 

 

こちらのレースは、ベースの糸に刺繍糸を用いてきれいな花柄を演出しています。 サンプルで見るものと実際に吊るしたものを比較すると見え方が異なりとてもきれいです。

 

 

○アクセサリー

「あまり派手過ぎるデザインは嫌だが何かアクセントがほしい」という方に、カーテンをさらに彩るアクセサリーがあります。シンプルなカーテンにアクセントとして装飾することで素敵な空間づくりの要素になります。

 

 

 

 

シンプルだけど可愛らしさのあるタッセルが人気です。

 

 

 

クッションカバーも一味違う雰囲気になります。

 

 

 

今回は、FEDE RICCOというカタログ商品についてご紹介しました。 カーテンの生地をカーテンだけでなくクッションカバーや椅子張り生地、ベッドカバーなどあらゆるもので空間を彩ることができます。他にも紹介しきれていない商品が沢山ありますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

 

 

コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ